ゴム風船から始まる縁日玩具問屋のルーツと流行りもの

縁日玩具問屋は、戦後大ブームになって飛ぶように売れたゴム風船を扱い始めるところから始まります。
ゴム風船からはじまり、縁日、お祭りでヒットした商品を順を追ってみてみましょう。





■1905年(明治38年)頃
日露戦争の戦勝祝いにゴム風船が使われて、一般に広く玩具として認知されたと言われています。


■1912年(大正1年)頃
日本にゴム風船工場が多く立ち上がり、海外への輸出もこのころ始まります。


■1933年(昭和8年)頃
ヨーヨーがヨーロッパ、アメリカでブームになります。
海外土産としてアメリカから日本に入ってきたヨーヨーは当時ブームになったそう。ただしとても高価な商品だったため、安くたくさん売りたいと考えて、価格を1/10に抑えたゴム風船でヨーヨーを開発。これが水ヨーヨーの始まりとなったようです。


■1943年(昭和13年)頃
第二次世界大戦下ゴム統制が行われ、戦前に大変人気のあったゴム風船や水ヨーヨーなどの趣向品の生産には生ゴムが制限されていました。


■1946年(昭和21年)頃
戦後の荒れ果てた日本で、縁日玩具問屋は、いわゆる露店商(テキ屋)へ玩具を卸して、当時の闇市やお祭り、縁日で露天販売してもらうために創業され始めました。
岸ゴム商店(現:キッシーズ株式会社)もこのころに創業されました。


■1947年(昭和22年)頃
ゴム統制が撤廃され、海外から生ゴム輸入船第一号が日本に到着。戦前に大人気だったゴム風船や水ヨーヨーが日本国内で生産されるようになります。


■1948年(昭和23年)頃
ゴム風船や水ヨーヨーが爆発的人気となり、縁日やお祭り、闇市販売でブームとなります。
このころから、風船の原価が売り値の1/3で、3分ネタとよばれ、そして3倍儲かる言われ、業界用語で「風船=チカ」と呼ばれるようになります。

水ヨーヨー・・・水チカ(スイチカ)
棒付き風船・・・縦チカ(タテチカ)
ヘリウム風船・・・上げチカ(アゲチカ)
棒で吊り下げた風船・・・棒チカ(ボウチカ)
毛笛・・・鳴きチカ(ナキチカ)


・「風船=チカ」についての解説
→露店用語では数字を以下のように読みます。
1(ヤリ)、2(フリ)、3(カチ)、4(タメ)、5(オテ)、6(ミヅ)、7(オキ)、8(アッタ)、9(ガケ)、10(チギ)
原価が売り値の1/3で3倍儲かるネタなので、カチ(3)ネタ、逆さ読みして、チカネタ、チカ=風船としたと言われています。

※風船の風(カゼ)の部分を取って逆さ読みし、ゼカがなまってチカになった、という説もあるようです。


■1949年頃(昭和24年)頃
このころから風船を売ると儲かるということで、玩具問屋を創業してゴム風船を販売する会社が増えてきたと言います。もちろん、ゴム風船の国内生産メーカーも増え、縁日、お祭りの露店販売で風船が販売されるのが定番化していきます。


歴史から見ても縁日玩具問屋は、ゴム風船販売とともに成り立ったと言っても過言ではなく、当時は「〇〇ゴム」という名前が付く会社が多かったのもうなづけます。
日本で現存する縁日玩具問屋で、一番歴史が長いキッシーズ株式会社(旧岸ゴム株式会社)も、ゴム風船の卸販売がルーツとなっています。

戦後このあたりの時期からは、現代にも残っているお面にもブームが訪れます。
戦前からセルロイド加工が得意だった加工メーカーが玩具やお面を作ることが多くなり、昭和2年に伊藤化工所として創業した、現:?イトオーもいわいるセル面を作り始め、はんにゃ、おかめ、ひょっとこ、くらま天狗などを作っていました。
中でも、くらま天狗のむらさき頭巾、赤頭巾、白頭巾がとてもよく売れていたようです。
※このころのまだ小ぶりで小さく、1955〜60年(昭和30年〜35年)ごろから現在の大きさのものに変化したいった用です。


■1950年〜1960年(昭和25年〜35年)頃
このころになると、ゴム風船は丸型の無地のものだけではなく、変形型や印刷がされたものが発売され、毎年ブームがありました。特に、顔つきの太陽風船と呼ばれる風船に、バルブと呼ばれる細長い風船をハチマキにして足を付けた「たこ風船(たこ八風船とも呼ばれた)」が爆発的ヒットとなり、昭和の縁日で子供たちが行列を作って買い求めた。


画像資料 旧日本ゴム風船商工会会報より


■1960年〜1965年(昭和35年〜40年)頃
1960年(昭和35年)に、タカラ(現タカラトミー)が発売したビニール製玩具の「ダッコちゃん」が大ヒットし、それに似せた抱っこちゃんゴム風船が縁日の露店販売でも大ヒット。また、同じころから耳付きのゴム風船、通称ミッキー風船が大ヒットし、業界内では業務用の赤い箱に入った赤箱や、青い箱に入った青箱の風船が飛ぶように売れました。


青箱画像 (有)葛飾ラテックス工業所提供
風船資料 旧日本ゴム風船商工会会報より


 
様々な形のゴム風船が登場し、縁日販売でヒットすることで、販売する露天商(的屋)さんも工夫をこらすようになります。動物や人間のように胴体を付けた風船や、現代のバルーンアート的な風船などもこのころから登場し、露店販売員の技術によっては人気店となって行列が出来る店も多くあったとか。
画像資料 旧 日本ゴム風船商工会会報より


■1967年(昭和42年)頃
1965年(昭和40年)には、アメリカで開発されたれたスーパーボールが大ヒットし、その人気そのままに日本へ初上陸。日本でも大ヒットし、当時から安価な国産の類似品も多く流通しており、某有名お菓子のおまけにも採用されたほど。
当時の岸ゴム商店(現:キッシーズ?)でも、国産の安価なスーパーボールを卸販売しており、岸ゴム商店の創業者である当岸恒夫(当時社長)が、広島の金魚すくい露店商に「夏場は金魚が死にやすいので、スーパーボールを浮かべてすくってみては?」と提案したのが、実はスーパーボールすくいのはじまりだという。
半信半疑で行ったお祭りのスーパーボールすくいは、1日で完売するほど大人気だったそう。