北海道 勝毎花火大会協力金付き ご当地おうち縁日ちょびっとセット

2021年の北海道 勝毎花火大会は中止となってしまいました。
こちらの商品を購入いただきますと、売却益の一部が来年度の勝毎花火大会に協力金として寄付されます。
※主催、企画運営されております十勝毎日新聞社様公認



■ご当地おうち縁日とは
「#ご当地おうち縁日」とは、コロナ禍で中止や縮小になったご当地のお祭りや花火大会を
そこに行った気分になって、おうちの中で楽しんでいただきたいという願いから始まりました。
※同梱のお祭りパンフレットでお楽しみください(ちょびっとセットにはポスターは同梱されません)

コロナ禍において2年連続お祭りが出来ないことで、伝統が継承できない、
地域経済に深刻な打撃がある、などの運営者様の声と、販売先が無く困っている
縁日玩具メーカーを救済するための懸け橋となるプロジェクトになります。

キッシーズ株式会社は、ご当地おうち縁日で、以下3つの目標を実現させます。

1、ご当地のお祭り支援
2,縁日玩具メーカーの救済
3、日本中に笑顔をお届けする




■勝毎花火について
勝毎花火大会の始まりは、1929年(昭和4年)8月にさかのぼります。世界的な金融恐慌の中、十勝毎日新聞社の創業者で初代社長の林豊洲の「地域に明るさを取り戻したい」という願いから、北海道で最初の花火大会として開催にこぎつけました。当日は「東北海道産業共進会」と「十勝家畜共進会」も重なって多方面から人が押し寄せ、当時の新聞記事をみましても「人の海!人の波」「群衆大喝采」といった表現が見出しを飾っています。

時代の移り変わりとともに勝毎花火大会も進化を遂げ、最先端のコンピューター制御技術を駆使した音楽と花火、レーザー光線、炎などを連動させる「デジタルリンク」を全国に先駆けて導入。「皆さんに喜んでもらいたい」「感動を共有したい」という社員の熱い思いと、皆様のご支援のおかげで、今では勝毎花火大会が全国に名を連ねる花火大会に成長しました。






■今年の勝毎花火について
8月13日に開催を予定していました第70回勝毎花火大会は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、中止することといたしました。2年続けての中止となり開催を心待ちにされていた方々には、ご期待に応えられず大変申し訳なく、心苦しく思っております。来年こそ万全の体制での開催に向けて準備を進めてまいりますので、今年は、勝毎花火大会協力金付きのご当地おうち縁日セットにて、ステイホームで勝毎花火の雰囲気を味わっていただきたいと思います。何とぞ、ご理解ご支援を賜りますようお願い申し上げます。







勝毎花火大会ホームページはこちら



■箱サイズ幅31×高さ16×奥行29cm

このセットがあれば、勝毎花火に行った気分でご当地おうち縁日が楽しめ、お祭りに協力することが出来ます。
※同梱のパンフレットでそのお祭りに行った気分を味わえます。(ちょびっとセットにポスターは同梱されません)

おうちでお祭りごっこをちょっとだけ楽しみたい、おひとり様用のおうち縁日セットになり、かんたんな射的、輪投げ、おもちゃ金魚すくい、ボールすくい、ヨーヨー釣り、花火、ひかるおもちゃ遊びが楽しめます。

■セット内容
輪投げの輪×5個 射的用ライフル×1個 水ヨーヨー×8個 ビニール製ヨーヨーコレクション×2個 水ヨーヨー専用簡易ポンプ×1個、釣り針・釣り紙一式 おもちゃの金魚×10個 スーパーボール×10個 やぶれないあみ×1本 金魚袋×1枚 光るブレスレット3本入り×1 光るうちわ×1個 光るペンダント×1個 射的、輪投げ用景品おもちゃ×5個 手持ち花火×1セット 祭り風船×5個

※プールは付属しておりませんので、ヨーヨー釣りやスーパーボールすくいは、ご自宅のお風呂や、すでにお持ちのプールなどでお楽しみください。

※内容は変更になる場合がございます
型番 KIS64533#都度B6見142649
販売価格
2,200円(税200円)
購入数